離婚の事は弁護士さんに無料相談

離婚の無料相談をした後の流れなどを解説します

こちらが別れたくても相手が素直に応じてくれないということがあります。そのような場合は弁護士などに間に入ってもらう方法もあります。ですが弁護士事務所というと敷居が高く、何を基準に弁護士を選んだら良いのかもわかりません。そして費用の面などを考えると簡単に行くことはできません。そのような時には、市や区に無料で様々な相談にのってくれる機関があります。まずはその機関を利用してみる方法があります。弁護士は当番制なので、その週や日によって違います。まずは電話で予約をして、決まった日時にその場所に行くといった流れです。時間は30分くらいなので、内容を細かくメモしていった方が良いです。そこで相談して、その弁護士に正式に依頼すると決めたら改めてその弁護士と契約を結ぶことになります。

離婚の無料相談とは何でしょうか?

こちらにいくら離婚の意志があっても相手が素直に応じてくれないことがあります。少しでも早く離婚したい場合など、弁護士に間に入ってもらう方法もありますが、普通に生活していると弁護士事務所はなかなか縁がありません。何を基準にどう弁護士を選んで良いかなども全く分かりません。そのような時は、市や区の無料問い合わせを利用してみましょう。もちろん費用はかかりません。しかし、そこに来ている弁護士は当番制なので、その週や日によって違います。利用の仕方は、まずは役所のその機関に電話をします。すると都合の良い日時を聞かれますので、予定を合わせて予約をします。予約をした日時に、その場所に行くとその日の担当弁護士のところに案内されます。時間は30分くらいしかないので、聞きたい内容を簡単にでもメモしていくと無駄な時間をとられなくて済みます。

その弁護士に依頼したい場合はどうするのでしょうか

市や区の無料の場所を利用すると、話の最後にその弁護士から引き受けましょうか?と言ってくれることがあります。もちろん断っても構いません。一回断ったとしても、この無料の場所は何回でも利用できます。弁護士も違う人の可能性があります。しかし、この弁護士ならお願いしたいと思ったらその旨を弁護士に伝えるようにしましょう。するとその弁護士が在籍する事務所に行くことになります。その弁護士事務所に行く日時を決めて、その日は終了になります。後日、その弁護士が在籍する事務所へ行って改めて契約を結ぶことになります。この場合は正式な依頼なので費用が発生します。着手金と成功報酬がかかりますが、費用の面でも心配な部分は弁護士に話してみて下さい。分割でも引き受けてくれる場合もあります。少しでも心配なことがあれば、どんな事でもとりあえず弁護士に話して下さい。弁護士は依頼者の味方なので、今後のことも含めて良い方法を一緒に考えてくれます。まずは役所の無料のものを利用することから始めてみて下さい。