離婚の事は弁護士さんに無料相談

まずは離婚の事を弁護士に相談すべきケースやその重要性など解説

離婚を考えている人にとって、どこに相談するべきか悩ましい問題です。しかし、実際には誰かに相談したりせずに、内々の問題として解決しようとしてしまう人が多いのが、現状なのです。なぜなら、そういったデリケートな問題は、恥ずかしいという意識があったり、家族問題として外に見せないようにしてしまう傾向があるからです。しかし、そんなデリケートなことであるからこそ、ちゃんと弁護士などに相談して、介入してもらった方がいい問題でもあるのです。基本的に、個人で抱えて解決しようとすると、後々になって余計に問題が深刻化したり、こじれてしまうことがあるからです。もし自分だけでどうにかしなければならないと考えているなら、まずはその意識を変えて、一度話をしに行くだけでもしてみるべきでしょう。

弁護士に依頼するべき離婚の問題とは

離婚といっても、届けを出すだけなら個人でできるわけです。では、なぜ弁護士が必要になることがあるのかというと、それは様々な要因が絡むケースがあるからです。まず多いのは、金銭面でのトラブルが絡む場合です。財産分与や、婚姻中にできた借金、または慰謝料や子供の養育費といった問題です。これらの問題は、ちゃんとした手続きを経て話を進めたり、合意に至っていないまま別れてしまうと、後々にトラブルになりかねないわけです。日本では、あまり契約や合意を重視しない風潮があるので、ちゃんとした約束事として履行されないまま泣き寝入りしてしまう人も多くいるのです。ですから、後で自分や子供が困らないためにも、ちゃんと弁護士に依頼することで、確実な合意や履行が行なわれるようにしておくのがベストです。

子供がいる夫婦も弁護士に依頼するべきです

子供がいる夫婦の場合、簡単に別れることは難しくなってしまいます。別れた後の子供の生活を考えて、父親と母親のどちらと子供が暮らすかという養育権の問題だけでなく、親権の問題も別にありますし、子供の生活費や学費などの養育費のことも大きな問題となります。また、別れた後でも、父親と母親の役目に変わりはないため、面会交流についても、どうすべるきかということも考えなければならないからです。こういったことを話し合わないまま別れてしまうと、うやむやなまま子供との面会交流ができない状態になったりして、親としても子供側としても、不利益を被る可能性が大いにあるわけです。特に、養育費などの問題は、子供の生活や進学にとっては重要なことですし、親の義務でもあることなので、子供が不自由なく生活できるように、きちんとした形で処理するべきなのです。

弁護士費用はいつも明確にしております。ご依頼者様が納得した上でサポートをさせて頂きます。 弁護士との面談がしっかりと在り、面談終了後に当事務所への依頼をするかが決められますので安心出来ます。 2014年5月2日:中央経済社より「調査・慰謝料・離婚への最強アドバイス」という本が発売されました。 全てのオフィスが駅から徒歩10分圏内となっている為アクセスしやすくなっております。 離婚の悩みひとりで抱えず相談第一!